UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RC ⑧ SNT-01 スヌートを使った撮影②

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RC ⑧ SNT-01 スヌートを使った撮影②

 

前回の離れた被写体でのスヌート撮影は、

かなり、難易度が高く、成功までの時間がかかり過ぎて、通常のガイドツアー中だと、

その場所に置いてきぼりになる可能性すら考えられる。

 

そこで、

SNT-01 スヌートを使った撮影で、

そこそこ、TGシリーズに慣れて、UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RCとの組み合わせに慣れたレベルのダイバーが行える範囲を模索した。

 

以前は、顕微鏡モードと呼ばれていた、スーパーマクロモードまたは、AFマクロのフォーカスを選択する作戦(≧◇≦)

 

今回は、

基本のハリ魔王モードの組み合わせから、メニュー画面からフォーカスを選択して、通常AFになっているのをAFマクロに変更した。

これで、10cmより近づいての撮影にピンがあう。

ストロボの発光する面を極端に近づける事が可能になる。

 

狙う被写体は、5cm未満の物で、動きがない物、泳いでいる被写体はNGである。

 

ピントを合わせたら照射位置をモデリング発光使って合わせる。

あっているかの確認は、液晶内で確認すれば良いが、結構初めてではきびしい。

そこで、実際に撮影して、微調節する。

 

この方法で、3回目の調節で撮れたのがこれだ。

「撮影画像そのままサイズダウン・シャープネスのみ変更」

 

 

アプリレベルの加工をかけるとこんな印象( ..)φメモメモ



 

 

最後にSILKYPIXを使って、AOIのホームページあるレベルの派手目画像加工後の映像に!



 

この辺のクオリティーなら、十分にチャレンジして面白いレベルだろう。

 

 

以上の基本性能を考えると、

TGシリーズ用として、

ハリ魔王が推奨するストロボは、

2022/12/2現在最強の組み合わせ外付けストロボ、

お勧め1位は、

イノンs-2000から、

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RCに変わった。

 

イノンの新作がどの様になるのかは、楽しみである。

 

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RCの基本チェックは今回で終了して、

次回は、TG以降、ハウジング・カメラの乗り換えをした場合にどの程度の能力なのか検証する事にした。

 

 

 

にほんブログ村

水中写真のランキングをしています。

この日記が、

気に入っていただけたなら(*≧m≦*)

https://photo.blogmura.com/p_underwater/ranking.html?p_cid=10348756

 

ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

または、

ぺージ下部ミジンベニハゼのバーナーを

ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ~~~

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RC ⑦ SNT-01 スヌートを使った撮影

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RC ⑦ SNT-01 スヌートを使った撮影

 

2回目のモニターテストを借り出す事が出来た。

 

今回から、

純正の光ケーブルではなく(^_-)-☆

 

Nauticam社 NA ユニバーサルオプティカルファイバーを

http://www.fisheye-jp.com/products/housingop/na_uopticalfiber.html

使用してのテストをおこなった。

 

まず、

この評価から

一番、受光が難しいコネクターに差し込んでテストした。

RCシステムでの発光コントロールの精度は、

純正セットの光ケーブルと同等の性能をはっきした( ..)φメモメモ

OLYMPUS時代のレベルを完全に超えている事が理解できた。

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RC側の受光部の性能も、アップしている。

NA ユニバーサルオプティカルファイバーでも、十分に、使用可能である。

問題点は、差し込み能力を強くするОリングを使ったが、水中で、何回か外れているのに気が付かないで撮影開始して、無発光の映像を量産してしまった( ..)φメモメモ

この部分のでの評価は、差し込みが硬くても、純正品には、かなわない(≧◇≦)

SRK-01 Q1スターターキットの他のパーツがいらなくても買うしかないorz

 

AOI(エーオーアイ)から光ケーブルのみの販売設定を切に願う。

 

 

今回のモニターテストの目標の一つが、SNT-01 スヌートを

http://www.fisheye-jp.com/products/snt-01.html

使った撮影の紹介である。

 

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RCには、モデリング発光という機能が付いている。

 

これは、 画期的なスヌート撮影機能の為とHP.に書かれている。

 

はたして、実際の撮影では、どの程度改善できるのか?

 

試してみた。

 

まずは、いつもの様に結果から

今までよりはかなり、スヌートを使ったスポット撮影はしやすくなったと言える。

しかし、

初心者ダイバーが、簡単にできるレベルではないと判断した。

水中写真のコンテストなどを目指すダイバーには、朗報のレベルの改善であると

ハリ魔王は判断する。

 

 

スヌートを使ったスポット撮影の容易度で行けば、

高純度のLEDバルブを使った水中ライトに、それぞれのスヌートを付けて撮影するのが、一番簡単である。

しかし、どんな条件でもとは言えない面がある。

 

それは、ライトの光量が、ストロボに比べて小さい為に、シャッタースピードをかせぐ為に、絞りを明けないといけない。

 

デシタルカメラの高感度特性を利用すると、周りを黒くして表現したいが、水中の微妙な太陽光の光を拾ってしまい、青カブリ現象をおこすこともある。

 

この方式では、絞り込んで迫力のあるピントがハッキリとした画像での撮影は一般のライトでは不可能である。

 

国産メーカーの水中ストロボに使用できるスヌートは、

スヌートした光を被写体の思った位置にあてるまで、何回も失敗撮影を繰り返して、適切な場所を決めるしかない。

これをすると、もう、ほとんど、すべの帯底時間をこれについやすしかない。

しかし、それで完成する画像は、メリハリのある物となる。

 

海外製品(日本に正規未入荷)では、スヌートの中にストロボの内蔵ライトの光を集光させて、照射を確認するものがあるが、

今度は、その光がかなり弱く、ストロボ側には、RCモードどころかorz

S-TTL調光も、DS-TTLも、オート調節も搭載されていない。

自分で、光量を設定するマニアル発光機能のみである。。。(〃_ _)σ∥

 

この仕組みで、正確に撮影出来たら相当以上の水中写真愛好家であると思う。

 

また、イノン社・SEA&SEA社のサードパーティ品が、海外にあるようであるが、元々の内蔵ライトの光量が小さいので、あつかいは、かなりシビアであると想定する。

 

それらの問題をUCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RCのモデリング発光は、撮影時間の短縮をさせてくれるか?

 

一番最初におこなったのは、水中LEDライトを使った場合、色カブリするだろう撮影距離にいる被写体を絞り込んで撮影すると言う前代未聞の無謀ととも言えるチャレンジ

 

今回は、前もって、被写体を吟味して望んだ。

そう、行き当たりばったりではなく、よく考えて選んだ。

 

今回は、Sサイズ相当のアーム2本をクランプでつないで、ストロボの位置の自由度をあげておこなった。

 

成功するまで、20数毎の無駄なカットを撮影する事に

少しどころか、かなり、難しい設定を最初に選択してしまったようである。

 

そして、

完成したのがこれダ!!

「撮影画像そのままサイズダウン・シャープネスのみ変更」

 

アプリレベルの加工をかけると

水面の青さが際立つが、被写体と距離の影響の青カブリの目立つ映像になった( ..)φメモメモ

 

青カブリはおきていると言う事が解る。

 

 

最後にSILKYPIXを使っての画像加工後の映像は、

 

エキジット後の考察では、

アームにてカメラと一体で、スヌートされた光の位置をモニタリング発光があっても、合わせるのは、相当大変である。

被写体が離れた所にあればなおさら難しくなる。

 

それなら、いそうとのことストロボを手持ちでした方が簡単かもしれない。

しかし、それでは自由度はかなり制限される。

 

フィッシュアイベテラン営業マンさんのアドバイスの方法がベストな印象である。

 

「イノン社のウエイトプレートを使って、アームを展開して撮影するのが良いとおもいます。」

 

「他社を進めるのは」と聞くと

 

「コアなユーザー向けなら、そういう情報を流すのが本筋と思います。」

 

とても、真摯的な発言であるとハリ魔王も共感した。

 

こんな瞬間に、出逢えるからダイビングはやめられない(笑)

 

 

『やっぱ、Fisheye だわ(*^ー゚)bグッジョブ!! 』

 

 

次回は、アームで、もう少し一般的な方法範囲を考えて撮影したスヌート映像を見せたいと思う。

 

にほんブログ村

水中写真のランキングをしています。

この日記が、

気に入っていただけたなら(*≧m≦*)

https://photo.blogmura.com/p_underwater/ranking.html?p_cid=10348756

 

ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

または、

ぺージ下部ミジンベニハゼのバーナーを

ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ~~~

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RC ⑥ T側で連射(;_;)/~~~

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RC ⑥ T側で連射(;_;)/~~~

 

W側の撮影テストで、

TG-6と、UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RCのRCシステムの発光コントロールは、

かなり優れている。

 

しかも、使っているノーティカムのケーブル差し込み口で一番フラッシュ光の軸がズレている場所である。

 

OLYMPUS時代の純正ストロボでは、残念ながらRCシステムが作動しなかった場所を使用して、

このスペックは、光りケーブル・ストロボ側の受光部の性能がかなり高い。

 

水中で、うれしくなり、ついモニターテスト中と言う事を忘れてしまった( ..)φメモメモ

 

この日は、大瀬崎の先端に、アケボノハゼがいるという。

 

探したが、タイミングが悪くorz

 

噂の場所にはいなかった。

 

他の物で、いつものテスト撮影をして、帰りがけに情報のない場所で発見(≧◇≦)

 

興奮して撮影開始(^_-)-☆

TG-6で

サクサク(^_-)-☆

ストロボ撮影が

できる(≧◇≦)

経験がない!!

いつもの益田御大発明のニコノス一刀流

デシタルカメラバージョンで

撮影を進めた。

ピンが

バックに

ズレたのを気が付かないでorz

やってしまった。。。(〃_ _)σ∥

⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

Σ⊆(・∀・⊂⌒つ

il||li _| ̄|○ il||li

性能に興奮が抑えられなかった_| ̄|○ il||li

 

このストロボの連射力は、今までにない( ..)φメモメモ

 

にほんブログ村

水中写真のランキングをしています。

この日記が、

気に入っていただけたなら(*≧m≦*)

https://photo.blogmura.com/p_underwater/ranking.html?p_cid=10348756

 

ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

または、

ぺージ下部ミジンベニハゼのバーナーを

ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ~~~

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RC ⑤ 水中モニター開始

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RC ⑤ 水中モニター開始

 

まずは、前回の件

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RC ④ スターターキットは、OLYMPUSハウジング用!? - ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記Ⅱ (hatenablog.com)

 

ベテラン営業マンさんが、イベント出張から戻られたので、調べてもらいました<m(__)m>

 

返答は

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボの光ケーブルは、

2022.11.21現在、単品の販売はないそうです(^▽^;)

 

そこで、二回目のモニターテストからは、

それなら、ノーティカムの光ケーブルを使い性能を試すことにしました。

こうご期待(*^。^*)

 

一回目のテストでは、公表されている特徴の内

下記を確認した。

 

  1. RCシステムで発光コントロール
  2. GN22の大光量
  3. 大容量リチウムバッテリー
  4. リサイクルタイム0.85秒
  5. 大光量LEDライト搭載
  6. カラーバランスの整った発光色温度

 

ノーティカムに入っているTG-6の設定は、

RCモードに変更して、ストロボの口承値の5000ケルビンに変更した。

それ以外は、以前、ブログにしたハリ魔王モードの組み合わせのままである。

 

まずは、

w側端での撮影から

今回は、撮影画素数で見てもらう。

必要であれば細部まで確認してほしい。



 

かなり、切れのあるストロボ光の特性(^_-)-☆

これハリ魔王好みです。

 

柔らかい光りは、拡散板や、各自で自作する事によって個性がでるフィルター派なので、

色々な使い方を想像しました。

 

伝統的な水中ストロボの光りです。

 

また、

w側ではスペックにうたわれている内容は、

RCシステムで発光コントロールは、OLYMPUS純正旧商品群よりかなり優れていると言えよう( ..)φメモメモ

その性能は、S-TTL・DS-TTL調光を正確に使った時に匹敵する。

 

GN22の大光量と言っているが、24mm・28mm程度の画角で、この仕上がりなら、スペック通りの明るさが維持できている良品であると思う。

 

カラーバランスの整った発光色温度は、5000ケルビンに調節してあれば、落ち着いた色合いで好感が持てる。

 

以上判断した。

 

 

ハリ魔王の評価は、

「意外と良いジャン!UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ(*^。^*)」

 

続く

 

にほんブログ村

水中写真のランキングをしています。

この日記が、

気に入っていただけたなら(*≧m≦*)

https://photo.blogmura.com/p_underwater/ranking.html?p_cid=10348756

 

ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

または、

ぺージ下部ミジンベニハゼのバーナーを

ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ~~~

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RC ④ スターターキットは、OLYMPUSハウジング用!?

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RC ④ スターターキットは、OLYMPUSハウジング用!?

 

 

RCモードを正確に使うためには、

専用設計の高性能光りケーブルの必要性が、水中テスト前に解った。

 

ハリ魔王ブログの精神!!

気に入らない部分は、ハッキリと書く(^_-)-☆

これが、長年、通してきた姿勢(*^。^*)

今回も、ハッキリ書く事にする。

 

これ、

専用のスターターキットを購入しないといけない様である( ..)φメモメモ

⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

 


スターターキットのケースはいただけないorz

防水性を優先する必要があるだろうか?

すでに、借りた時は、

光ケーブルを挟んでつぶしていたorz

パーツ類を大事に保管できれば良いのではないか?

ケース中央から2分割は、物を挟みやすい( ..)φメモメモ

 

十分に、使用には注意してほしい。

 

この状態でモニターテストを水中でしたが、

RCモードにまったく問題が無かった( ..)φメモメモ

この事から、かなり、中のケーブルは高質な物を使用していると思われる(^_-)-☆

 

さて、スターターキットのホットシューベースは、いただけない(-_-)

AOI純正、TG系など旧OLYMPUS製の防水プロテクター専用である。

 

残念だが、

ノーティカムを始め他のハウジングには使用できない_ノフ○ グッタリ

OLYMPUS純正品では無いので、各社に対応するユニバーサルスタイルを希望したい。

 

ホームページには、SRK-01 Q1スターターキットのみ表記しかなく(;_;)/~~~

この優れた光りケーブルのみで購入できるのか?

不明である。

 

質問したいが、ベテラン営業マンさんは、

イベントの為に、ズーと長期出張中で確認できていない⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

 

にほんブログ村

水中写真のランキングをしています。

この日記が、

気に入っていただけたなら(*≧m≦*)

https://photo.blogmura.com/p_underwater/ranking.html?p_cid=10348756

 

ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

または、

ぺージ下部ミジンベニハゼのバーナーを

ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ~~~

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RC ③ RCモードを陸上テストする時に感心!!

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RC ③ RCモードを陸上テストする時に感心!!

 

ストロボ本体のチェックが終わり

SRK-01 Q1スターターキットを

http://www.fisheye-jp.com/products/aoi_srk_01.html

使って、組み立てて、RCモードの検証をと思った。

 

まず、光ケーブルを差し込むソケットは、

いじわるをして一番RCモードのミス発光の多い場所へ

差し込もうとして、気が付いた。

差し込みに、他の光ケーブルより強い力がいる( ..)φメモメモ

ストロボ側も同じくである。

 

これは、ワザと設計されているだろうと気が付いた(≧◇≦)

 

そう、良く光ケーブルを水中で何かの拍子にひっかけて、その為にストロボに信号の行かない事がある。

それを防止する為に、アームに光ケーブルを巻きつける防止策をするダイバーが多い。

RCモードの場合は、その様に対処すると、信号の伝達がうまくいかない。

 

OLYMPUS製の水中ストロボは、そこが一番の問題であった。

 

もう時効だと思うのだが、

当時、OEMを担当していた日本メーカー人間から、聞いた話

「いくら、改善を提案しても、OLYMPUS社側の人間は、聞いてくれなかった」となげいていた。

 

AOI社も以前は、OLYMPUSOEMメーカー

自社製を作るのに、責任を持っておこなっている事が、

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RCの細かい所まで見るとよくわかる( ..)φメモメモ

 

これ香港のメーカーである。

 

日本メーカーももっと危機感を持ってほしいなーーー。

今回は、そう思った。

 

さて、

良い点だけあげるのが、ハリ魔王の主旨ではない。

 

RCモード今までより、格段に効くが、問題点も無くは無い。

光りケーブルをストロボに巻きつけると、ミス発光をする。

特に、光り信号をハウジングで遮る場所のコネクターの利用時におきる。

 対処、巻きつけない事

そうなると、ケーブルの脱落・紛失が心配だろう。

それを少なくするために、マジックテープが付けられていいた。

 

 

ぅぉぉぉーヽ(゜ω゜ )ノヽ( ゜ω゜)ノヽ(゜ω゜ )ノぅぉぉぉーヽ( ゜ω゜)ノヽ(゜ω゜ )ノ ぅぉぉぉー

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

これは、グットジョブである。

 

 

 

 

にほんブログ村

水中写真のランキングをしています。

この日記が、

気に入っていただけたなら(*≧m≦*)

https://photo.blogmura.com/p_underwater/ranking.html?p_cid=10348756

 

ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

または、

ぺージ下部ミジンベニハゼのバーナーを

ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ~~~

 

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RC ② ストロボのメーカー発表の無い感心点

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RC ② ストロボのメーカー発表の無い感心点

 

テストモニターをする前にいつもの様にどの様な仕組が調べていて気になった点を書いく。

UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RC本体に指定のバッテリーを入れる時に気が付いた。

防水の為のОリングがダブルになっている。

 

この仕組みを採用しているストロボは珍しい。

水中ライトでは、以前から使われている仕組みである。

 

残念な事に、ストロボ本体は、型を使って成形される。

その為に、耐圧を考えた場合

Оリング面は、とても、アルミ素材等から削りだししたものに比べれば精度がおちる。

その為、外国製の水中ストロボで金属製の物が多いのは、その問題をさけるため、コンデンサーの冷却は、水中では、大きな差がない。

 

その為

INON社も、SEA&SEA社も、伝統的に、その部分の設計は、変更しない。

それにより、一番の防水性の不安を軽減している。

その為に、それぞれのシステム状の欠点の修正も、長年、おこなわれていない。

 

一度設計を決定して、安全性の検証をすると長年変更は、きびしい。

 

ここに、一番伝統的な方法をもちいるのは、好印象である。

 

電池接点も、伝導率と、サビ、電気被膜の問題が、一番少ない金メッキ製( ..)φメモメモ

 

コストをかける所は惜しみない。

溝には、

オスメスのガイドを付けてストッパーにしている( ..)φメモメモ

 

初心者でも、

その溝を合わせれば良いだけ

 

クリスアップして、閉めた感覚は、他社と比較した場合、とても、軽くスムーズである。

 

これ本当によく考えられている。

 

蓋には、水没時の発熱の爆発を防ぐバルブも搭載されている。

 

バッテリーが、単三型より大きいまで、万全である。

FIX Li-ionバッテリー FEBT186531Sが指定バッテリーである。

これは、安全の為に必ず守ってほしい点

 

その訳は、

『2022.5.現在・水中ストロボ・ライトのバッテリー事情』

https://htmmarine.hatenablog.com/entry/2022/05/18/232334

 

続きの

『2022.5.現在・水中ストロボ・ライトのバッテリー事情 その続き!!』を

https://htmmarine.hatenablog.com/entry/2022/06/02/020849

参照してほしい。

 

バッテリーの容量は、

グリーンのランプで確認できる。

 

容量が少なくなると

赤色に変わる。

 

これ良いね( ..)φメモメモ

 

水中で、どのくらい撮影できるかも解るし、バッテリーの老化も判断できる( ..)φメモメモ

 

テストモニター前に感心してしまった。

 

『やっぱ、UCS-Q1-RC ウルトラコンパクトストロボ RCだわ(*^ー゚)bグッジョブ!! 』

 

続く

 

にほんブログ村

水中写真のランキングをしています。

この日記が、

気に入っていただけたなら(*≧m≦*)

https://photo.blogmura.com/p_underwater/ranking.html?p_cid=10348756

 

ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

または、

ぺージ下部ミジンベニハゼのバーナーを

ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ~~~