ダイブシステム社 Key12 キー・ジュウキー・ジュウ バックフロートタイプB.C.のモニター②

 
ダイブシステム社 Key12 キー・ジュウキー・ジュウ』を
モニターして、
ダイブシステム社 Key18 キー・ジュウキー・ジュウ』と
比較してφ(・ω・ )メモメモ
 
明らかに、劣っている点は、一点だけであった。
 
イメージ 1

浮力を小さくしたために、
水面での直立姿勢を安定させるために、
バックフロート上部が
肩の上まで、伸びたフロートになっている。
 
イメージ 2

その為
イメージ 3


ホースを直立姿勢であげても、
肩のベルクロ固定により、
歪んだ状態でしかorz
あげる事が出来ない。
 
背面姿勢で、排気したと想定して、
見てもらえば想像できるだろう。
 
排気開始までの時間が、
ダイブシステム社 Key18 キー・ジュウキー・ジュウ』より
遅くなるのだ(@g@)b
 
ダイブシステム社 Key18 キー・ジュウキー・ジュウ』は、
通常のショルダーベルト式や、
ジャケット式(スタビ)を使っているダイバーでも、
ほとんど、問題を感じないスピードで排気できる。
 
日本でのバックフロートB.C.のロングセラーモデル
ジーグル社と比べても、なんら遜色を感じない。
 
むしろ、
リアル海難救助隊仕様
ジーグルレインジャー」と比べると
ダイブシステム社 Key18 キー・ジュウキー・ジュウ』が、
排気スピードでは、勝っているφ(・ω・ )メモメモ
 
残念ながら
ダイブシステム社 Key12 キー・ジュウキー・ジュウ
現在、発売されている
旅行用B.C.のタイプの標準レベルとしか言えない。
 
かなり、排気には、慣れのいるレベルである。
 
経験の少ない初心者は、使うレベルではないと思う。
(有能な指導者がいれば別問題だが(@g@)b)
 
ここからは、
ダイブシステム社 Key18 キー・ジュウキー・ジュウ』にも、
ダイブシステム社 Key12 キー・ジュウキー・ジュウ』にも、
共通する注意点

イメージ 4

 
右肩のオーバープレッシャーバルブの排気用ヒモを必ず
矢印のフックに通す事φ(・ω・ )メモメモ
 
これを忘れると、水中で、浮かんでしまい、
排気時に探す事が困難になる。
 
タンクバンドが、固定されていなく
タンク装着時にバンド本体が動き手間がかかる。
 
この様なパーツが、
 
イメージ 5

山用品屋・ホームセンターなどで売られているので、
 
イメージ 6

取り付ければ、対処できる。
 
イメージ 7


この事は、
すでに、FLコーポレーションには、提案済みなので、
近日、国内仕様は、対処されて発売されるのではないかと
ハリ魔王は勝手に判断している。
 
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ