イノンZ-330をマクロ撮影で使う事の利点と欠点(@g@)bⅡ

タンザクハゼを撮影していて
気が付いた問題点を書いて(g)b
一度、Z-330のモニターテストのシリーズは、
終わりにしたいと思う。
 
今後、
対応品の発売と共に、再開したいと考えている。
 
 
タンザクハゼのペアを
Z-240タイプ4で、
ストロボ光が、S-TTLでも撮影可能な距離まで、
近づいて、ニコンD810シャッターを押して驚いた。
 
シャッターが切れるまでに、
タンザクハゼが、巣穴に、隠れてしまっている。
 
プレ発光中に、
その発光に気が付いて逃げてしまう|_| =3 ズコー
 
とても、臆病な魚なので、
そばにいる被写体で、比較的、鈍感なハゼに切り替えた。
 
ニュウドウダテハゼ
 
イメージ 1
このカットを撮影するのに、
6カットも、同じ現象(g)b
 
明らかに、
プレ発光驚いている。
 
Z-330S-TTL調光の精度は、
今までの同社のモデルより、
正確に、なっている。
 
それは、
以前のテスト結果で確認済みである。
 
水深30m前後の他の共生ハゼ類でも、テストしたが、
同じ現象が確認された。
 
同行者で、
いつも、
自分の撮影を見ている人の話では、
肉眼で、明らかに、いつもより、明るい光だと言う。
 
今回は、
テスト撮影なので、
そのまま、撮影したが、
本来のハリ魔王の撮影なら、
D810内蔵フラッシュマニアル発光に切り替え
フラッシュ光量を最低に設定して、
Z-330のプレ発光への対応をOFFにして、
マニアルで、光量微調節して撮影する。
 
すでに、
このストロボを使っている仲間の
水中プロカメラマンで、
イノンプロの方に、
質問したら、
2名とも、ハリ魔王と同じ考え方で、使用していた。
 
その他の対応として、
内蔵フラッシュTTLのまま
プレ発光だけoffにできる機能があるカメラなら、
その機能を使うと言う手がある。
しかし、
プレ発光を使わないので、調光精度は、かなり、落ちるだろう。
 
ハリ魔王は、試した事はないが、
東伊豆で、水中写真の知識を教えてくれる
某プロカメラマンが、よく指導で使う方法である。
 
その様な、
方法が、面倒な方は、
Z-330を選ぶべきではないと思うが、
 
被写体側が、
反応が鈍ければ、
 
イメージ 2
撮影は、可能である。
 
たくさんの個体を撮影できる場所や、
チャンスなら、それでもかまわないだろう。
 
しかし、
限られた時間で、チャンスをモノにしたいなら、
S-TTLで、撮影できる物のレベルと、
そうでない物を区別できる能力が、必要であろう。
 
また、
S-TTLで、起きる問題を逆手にとった、撮影もありだと思う。
 
それが
 
イメージ 3
コレ
 
1/250で、撮影しても、
被写体の動きが早くてブレているのは、
驚きのある瞬間である。
 
それだけ、
一瞬で、
巣穴に隠れている事を今回初めて知った。
 
 
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ