マリンダイビングフェア2023④ フィッシュアイ社ブースⅠ Nauticam ハウジング

マリンダイビングフェア2023④ フィッシュアイ社ブースⅠ Nauticam ハウジング

 

今回は、ダイビング機材メーカーも何社か出店していたが、特出する新製品の展示は無かった。

次に、書くべき新製品の展示があったのは、

 

フィッシュアイ社ブース

ここ数年で、国内最大の取り扱い器材を誇る( ..)φメモメモ

水中撮影機材の商社に成長した。

 

まずは、Nauticam ハウジング

この数年で、各カメラメーカーが、一眼レフの製造からミラーレスに移行している。

 

そのミラーレス化で、Nauticam ハウジングの仕組みが、静止画優先から動画優先に変わってきていると感じる、共通設計が見れる。

 

それが、見られるのは、フルサイズのミラーレス

 


一眼レフとの大きいな違いは、ファインダーが無いという点

RVFというファインダーの変わりの液晶では、水中で、ビューファインダーを使用して

拡大しても、最初の画像のレベルを超えない。

 

ミラーアップの時間を考えても、人間の視覚から入ってからの反応時間を考えても、瞬間に強いのは、一眼レフの特徴である。

 

ミラーレスの利点を水中でより活用して、撮影するためには、液晶モニターの性能差が物をいう( ..)φメモメモ

 

そんな中で、フルサイズでは、四隅まで、十分に、見てシャッターを切りたいし、動画開始したい。

しかし、コマーシャルフォトグラファー目線で水中用と考えると、残念ながら、フルサイズミラーレスの液晶モニターは合格点と言えるものがない。

かろうじて許せるのは、ニコンのZ9だけである。

 

仕事用に考えると外付けLCDモニターの活用は、重要である。

 

今回は、

 


各種モニター・レコーダーを取り付けるためのネジ穴が標準装備されている。

 

機動力を優先する、

APS-C・ハーフサイズのモデルには、スライドベース等を介して、

小型外付けモニターを付ける設定になっている点は、意味深い( ..)φメモメモ

Nauticam社の設計は、本当に、撮影者のクラス分けをよく考えているといえる。

 

また、

AFの操作をレバーに持ってくる装備も、

ミラーレスならではになる。

この操作と、MF時のピーキングを組み合わせる事は、撮影の新たなピント合わせの形だろう。

 

 

 

 

今回のNauticamのハウジングラインナップは良くできている。

 

まあ、

TGシリーズの代わりのモデルの提案は、

フィッシュアイの営業さんほど、ハリ魔王は感心しなかった。

 

水中写真の入門用に関しては、陸上写真の入門機の販売数の衰退問題の影響は否めない。

 

スマートフォーンの撮影では、限界があまりにも低すぎてしまう。

ゴープロも、水中である程度以上綺麗に撮影をするためには、カメラ・ビデオカメラとは、仕組みの違うゴープロ独自の仕組みを理解する必要があり、カメラの基本知識とは、かけ離れている。

 

ハリ魔王が水中撮影始めた時代の金額の覚悟が、最初に必要に戻った印象を感じた。

 

にほんブログ村

水中写真のランキングをしています。

この日記が、

気に入っていただけたなら(*≧m≦*)

https://photo.blogmura.com/p_underwater/ranking.html?p_cid=10348756

 

ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

または、

ぺージ下部ミジンベニハゼのバーナーを

ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ~~~